こんにちは。この記事は夕飯食べながらふと思いついたエントリーです。
 
 このブログでは、PC-6001/PC-6601シリーズ向けのゲームソフトのレビューとその攻略を扱っています。当然ながら、筆者が所持しているソフトを扱うため、ブログで扱うことの出来るソフトの数も限られます。ちゃんと数えてませんが、今までに集めた物を合わせると数十本は有るだろうと思うので、当分ブログのネタに困ることもないでしょう。そもそも更新遅いですし(汗) まあ、TinyProjectの同人誌のP6ゲームレビューの方で書いているレビューもあったりしますが。

 その筆者が持っているソフトもどちらかというと、有名な――メジャータイトルの物がほとんどです。 もちろんそういうメジャーなゲームソフトでも持っていない物も色々あります。そこでふと最初に書いたように夕飯食べながら考えていたのが、

 PC-6001/6601向けのゲームソフトは今までに何本出たのだろうか?

ということでした。
 PC-6001が発売された1981年から始まって、PC-6001mkIIが出た1983年7月以降は「mkII専用」とか「mkII以降」とか謳われるソフトが多くなります。3.5インチ1Dフロッピーディスクドライブが備わったPC-6601以降は、テープ版の他にディスク版も出るようになります。PC-6001mkIISR/PC-6601SRのリリース以降は「SR専用」というタイトルも少ないですが存在します。また、PC-6001初期の頃はROMカートリッジをメディアにしたタイトルも存在しています。こういうのを全て含めると、ソフトは一体何本出たのでしょうか。

 これを調べるには、当時のパソコン雑誌・ゲーム雑誌・書籍を全てひっくりかえして、中に書かれている広告・記事を調査するしかないでしょう。しかし、これをやるには相当の労力が必要です。それと、現在では当時の雑誌を気軽にどこでも閲覧できるという環境では無くなってしまっている為、そういう環境を探すことがまず第一です。
 実際に雑誌・書籍を閲覧して調査していったとして、ただ眺めるだけでは駄目で、ゲームタイトル・開発会社・販売会社・ゲームジャンル・ゲーム内容は勿論のことですが、価格・メディア(種類・本数)などの情報も必要になります。更に細かく見ていこうとすると、発売日はいつごろか?ゲームメーカーの商品番号・流通業者の独自番号とか、このゲームはP6シリーズのどの機種で動いて、どの機種で動かないかなど、一つ一つ要素を上げていったらキリがないかもしれません。そこは情報の取捨選択になりますが。

 現在は公開されておりませんが、その昔「ぱぴーなSOFT図鑑」というサイトが有りました。サイト管理者の方は何人かの協力者と一緒にこういう雑誌等の情報を調べ上げ、スナップショットと一緒に公開しておりました。「このメーカーにこういうゲームが有ったか?」などと思った時に調べるには、大変便利なサイトで重宝していました。このサイトはinfoseekで公開されていましたが、infoseekのサービス終了と共に消滅しました。現在まで再公開はされていません。当時、私はinfoseekが無くなるということは、このサイトがもう見られなくなると危機感を抱いて、サービス終了直前に、公開されていたHTMLファイルや画像ファイルをダウンロードして残しました。

 このローカルに残しておいたデータを管理者の方の許可を得ずに、勝手に再公開する事は出来ませんので、そこは悔しい所でもあります。再公開できれば、また皆にも有意義な情報に成り得るのにと思います。
 それは置いといて、このサイトのデータをエクセルの表にしておくことを最近思いつきました。暇な時に少しずつやっていますが、このサイトに掲載されていたゲームだけで1200本程度は有ったようです。ただし、雑誌に掲載されていて、それが市販化されたものなどとか、1つのパッケージに複数のゲームがあって、それが1つ1つ紹介されていたりするので、実数としては1100本位かな?と踏んでいます。
 ところが、周りのP6erの話とかを聞いてみると、この「ぱぴーなSOFT図鑑」にも掲載されていないソフトが有るらしく、そういうのも含めるとやはり1200本位になるのだろうかと感じます。しかし、雑誌等に掲載されることのなかったソフト(例えば、パソコンショップ主導で作られ、そのショップのみで販売されていた物)を含めると、P6向けのゲームソフトの実数を確定するのは不可能なのだろうと思います。

 話は少し変わりますが、書籍には「書誌情報」というのがあり、出版社・公立図書館・関連業者などではこういう書誌情報のデータベースが有ります。例えば、国立国会図書館でも近隣の図書館でもいいのですが、蔵書検索で何かしらの書籍を見ると、これについて結構細かな情報が書かれているのが見て取れます。また、NDL(日本十進分類法)という書籍の分類法が有り、その書籍に付随するNDLの分類番号を見ると、この書籍がどういうジャンルに属する物なのか、ある程度わかるようになっています。

 そこでゲームに関しては、こういう「書誌情報」に類する情報の集積ってあるのかなぁとふと思いました。現在、新規に開発されて流通に乗り販売されるゲームソフト(PS4やWiiU、3DS・PSVita当たりの)はこういう情報が一括管理されているのでしょうか。それをどこかで見ることは可能なのでしょうか。もしこういうのが一括管理されていて、これをレトロPCのゲームソフトにも当てはめる事が出来るのなら、これを利用し(またはアレンジし)てPC-6001のソフト情報のデータベースを作ってみたいなぁと個人的に思っています。当然、「ぱぴーなSOFT図鑑」に敬意を払いつつ、公開できるようにしたいなぁ。

 途方もない時間と労力が必要ですが、いつかやってみたいこのブログ管理人の私の一つの夢でもあります。