Lode Runner

[PZL] Lode Runner / (13) LEVEL021/022

この記事はPC-6001用(テープ版)Lode Runnerの攻略記事です。 
LEVEL 021・022 を扱っています。

 LEVEL 021 

第21面です。ゲーム開始画面。
[PZL]ロードランナー / (12)LEVEL021/022_01LEVEL021初期位置
 
真中から左側に向かってたくさんの梯子があって、一見するといろんな所に行けそうですが、
行ける所は限られています。画像中の①の部分は下から登っても行けますが、
②~④の部分は一番左側の梯子を登ってから、それぞれ穴を掘って宝を取りに行くことになります。

 [PZL]ロードランナー / (12)LEVEL021/022_02LEVEL021右下予防措置
一番右下の部分の宝を取るには、穴を掘って番兵を留めておき、宝を全て取ったら
梯子を伝って脱出します。

 [PZL]ロードランナー / (12)LEVEL021/022_03LEVEL021梯子出現
宝を全て取ると右上に梯子が出現するので、ここに到達するとクリアです。

  LEVEL 022 

第22面です。ゲーム開始画面。
[PZL]ロードランナー / (12)LEVEL021/022_04LEVEL022初期位置
一番下は掘れる場所が有りません。

[PZL]ロードランナー / (12)LEVEL021/022_05LEVEL022番兵落下
 ゲーム開始早々に、番兵が落ちてくるので、左側の宝を一番初めに回収します。
できれば、右側の宝も回収してから上に登ります。

 [PZL]ロードランナー / (12)LEVEL021/022_06LEVEL022梯子出現
番兵の動きに気をつければ、後は難しく有りません。
宝を全て取ったら、一番上に登るとクリアです。 

[PZL] Lode Runner / (12) LEVEL019/020

この記事はPC-6001用(テープ版)Lode Runnerの攻略記事です。
LEVEL 019・020 を扱っています。
 LEVEL 019 

第19面です。ゲーム開始画面。
[PZL]ロードランナー / (12)LEVEL019/020_01LEVEL019初期位置

ハノイの塔みたいな建物。両側に梯子があって上まで登ることが出来るのですが

[PZL]ロードランナー / (12)LEVEL019/020_02LEVEL019頂上通行不可

上図のように頂上の部分は行き来することが出来ません。
よって、左右それぞれに宝を取っていくことになるのですが、基本的には一番下のフロアに番兵を誘導して穴に落とし、動けない隙に宝を取っていく方法が良さそうです。

全ての宝を取ると、一番上のどちらかに登れば面クリアになります。
[PZL]ロードランナー / (12)LEVEL019/020_03LEVEL019梯子出現
 

  LEVEL 020 

第20面です。ゲーム開始画面。
[PZL]ロードランナー / (12)LEVEL019/020_04LEVEL020初期位置

特に難しい面ではありませんが、すり抜けの部分が左側に2箇所有る事に注意します。

[PZL]ロードランナー / (12)LEVEL019/020_05LEVEL020梯子出現
 宝を全て取ったら、中央より右側の梯子から一番上に登るとクリアです。

[PZL] Lode Runner / (11) オリジナル作者 Douglas E.Smith さん亡くなる

本日の朝、驚くべきニュースが流れてきました。

https://twitter.com/TozaiGames/status/510518920441507840
"RIP: Douglas E. Smith, 1960 - 2014, the creator of the classic game Lode Runner."

「ロードランナー」のオリジナルの作者であるDouglas E.Smithさんが亡くなったとの事です。
Tozai Games 公式サイトにもコメントが掲載されています。

http://www.tozaigames.com/
"It is with great sadness that we learned today of the passing of our friend and colleague, Douglas Smith, the creator of the iconic game, Lode Runner. Our hearts and prayers are with Doug's family during this difficult time. In Doug's honor, we call on the legions of Lode Runner fans everywhere to take a private moment to reflect on your own personal memories of Lode Runner. What a contribution Doug made to the video game industry.

Doug, from all of us at Tozai, and from all of your fans, may you rest in peace."

「我々は友達であり同僚であったダグラス・スミスが、今日この世を去ったという事を知り、深い悲しみに包まれている。ダグラスは "Lode Runner" という独創的なゲームのクリエイターだった。この悲しみに包まれた時間、我々の心も祈りもダグの家族と共にある。我々はダグに敬意を表し、あらゆる Lode Runner のファンに Lode Runner についてのそれぞれ自身の思い出を少しばかり振り返って欲しいと呼びかける。ダグはビデオゲーム産業にどれだけの貢献をしたか図り知れない。

ダグ、安らかに。Tozaiの全社員そして君の全ファンと共に祈りを捧ぐ。」


(日本語訳は筆者。間違いがありましたらご指摘ください。)

本当にびっくりしました。
54歳との事。まだまだ若く、そしてまだまだ人生を謳歌することも出来たでしょうに。
非常に残念でなりません。

ロードランナーはシステムソフトを始め、ソニーなど何社か日本でも移植されています。システムソフトで移植に関わっていた樋口 理氏もご自身のサイトで訃報について触れておりました。
 http://www.higuchi.com/item/801

Douglas さんは何度か来日し、当時のパソコンゲーム雑誌などにも露出していて、日本人ゲーマーにも馴染みが深い方と思います。こちらは雑誌「ログイン」1984年12月号。来日時のインタビューの記事。

[PZL] Lode Runner / (11) オリジナル作者 Douglas E.Smith さん亡くなる_01ログイン1984年12月号


インタビュアーは金井哲夫さん。場所は東京高輪プリンスホテルのようです。
ログイン編集部が AppleIIeとモニター一式を持ち込み、チャンピオンシップロードランナーをプレイしてもらおうと用意した物だそうです。

記事によると、Douglas さんはワシントン大学のコンピュータ VAX11/780 でメインプログラムから150のステージ全部まで作った所、皆がプレイしたがるようになったのでゲームを解放。その時にエディットモードも追加。ところが、あまりにもたくさんの人間がこのゲームにアクセスするので大学に怒られてしまったと。それを聞いた甥が、ホームコンピュータ用に作ればいいと勧めた、とあります。他にもこの時にはシアトルに住んでいて「Q.A.D.Inc」という自分の会社を作っている(Q.A.D … Quick And Dirty)話や、給料の話、ロードランナーに飽きてきたという話などがあります。

また、ツイッターでフォロワーさんがつぶやいていて知ったのですが、
https://twitter.com/spread_bomb/status/510600747415642112

日本での移植を担当したシステムソフト(現在はシステムソフト・アルファーですが)のサイトに、当時のエピソードが掲載されているとの事でそれも紹介しておきます。宮迫靖氏が書かれているようです。

往年の名作ゲーム【その1】(2005.6.27)
http://www.ss-alpha.co.jp/column/200506.html#2005/6/27
往年の名作ゲーム【その2】(2005.7.29)
http://www.ss-alpha.co.jp/column/200507.html#20050729

ロードランナーのソースリストが米国ブローダーバンド社に無く、ダグラスさんの元まで取りに行くことになり、住所を聞くとロッキー山脈の山奥に住んでいて、行くのが大変だったというエピソードが紹介されています。成功者なのに、この時はまるで世捨て人のような生活だったのかもしれませんね。

ロードランナーは本当にたくさんの人々に影響を与えたゲームです。
ご冥福をお祈りいたします。安らかにお眠りください。

Creator of "Lode Runner"
Douglas E.Smith (1960 - 2014) - R.I.P.

[PZL] Lode Runner / (10) LEVEL017/018

この記事はPC-6001用(テープ版)Lode Runnerの攻略記事です。
LEVEL 017・018 を扱っています。

 LEVEL 017 

第17面です。ゲーム開始画面。
[PZL]ロードランナー / (10)LEVEL017/018_01LEVEL017初期位置

「ASC」の文字が見える面。「アスキー」の事なのでしょうか。出現位置の上側はすり抜けになっています。

①の部分は梯子から左側2ブロックを掘っていけば宝を取ることが出来ます。
[PZL]ロードランナー / (10)LEVEL017/018_02LEVEL017掘り方1
最後の所は1ブロックだけ掘って下に降りることも出来ます。
[PZL]ロードランナー / (10)LEVEL017/018_03LEVEL017掘り方2

2の方は上から階段状に掘っていきます。
[PZL]ロードランナー / (10)LEVEL017/018_04LEVEL017掘り方3

[PZL]ロードランナー / (10)LEVEL017/018_05LEVEL017梯子出現
すべての金塊を取ったら、両側に出没する梯子のどちらかを登り切ります。

 LEVEL 018 

第18面です。ゲーム開始画面。
[PZL]ロードランナー / (10)LEVEL017/018_06LEVEL018初期位置

左端の梯子のすぐ右隣はすり抜けになっているので注意。
また、中央当たりのすり鉢状の所は階段上に穴を掘ります。
[PZL]ロードランナー / (10)LEVEL017/018_07LEVEL018掘り方

全ての金塊を取ったら、左上に出現する梯子を登り切るとクリアです。ただし、左側からは行けないので(すり抜けが有る為)、右側から進むことになります。
[PZL]ロードランナー / (10)LEVEL017/018_08LEVEL018梯子出現

[PZL] Lode Runner / (9) LEVEL015/016

この記事はPC-6001用(テープ版)Lode Runnerの攻略記事です。
LEVEL 015・016 を扱っています。

 LEVEL 015 

第15面です。ゲーム開始画面。
[PZL]ロードランナー / (9)LEVEL015/016_01LEVEL015初期位置

特に難しい面では有りません。番兵が4人で一緒に追いかけてくることが多いので、無理せずに穴に落として反対側から上を目指すなどと回避しながら宝を取って行きましょう。

[PZL]ロードランナー / (9)LEVEL015/016_02LEVEL015梯子出現
すべての金塊を取ったら、両側に出没する梯子のどちらかを登り切ります。

 LEVEL 016 

第16面です。ゲーム開始画面。
[PZL]ロードランナー / (9)LEVEL015/016_03LEVEL016初期位置

真ん中を境目に左側と右側に完全に分かれています。右側の一番下にある宝を取ろうと、底まで降りると上に登れなくなってしまうので、まず左側の宝を取ることに専念しましょう。左側を全部取ったら右側の下に降りて梯子の上のみを掘って宝を取ります。

[PZL]ロードランナー / (9)LEVEL015/016_04LEVEL016梯子出現
全ての金塊を取ったら、右端に出現する梯子を登り切るとクリアです。
昔を振り返る
その昔、PC-6001やPC-6601という名のパソコンが有りました。そのパソコン向けのゲームソフト等を紹介しています。
最新コメント